サロンオーナーが一般消費者が選択するのは難しい、安全なシャンプー、安全な白髪染め、その他、害が少なく体に優しい商品を紹介します。

安全な白髪染め

準天然ナチュラルハーブカラー!【サロン専売品】

ナチュラルハーブカラーの特徴

ナチュラルハーブカラー 天然成分90%+最小限の化学染料で安全性、利便性を両立!
ナチュラルハーブカラーは、安全だけど時間もコストも掛かる100%天然染毛剤と時間もコストも掛からないけど毒性の強い科学染毛剤の中間に位置しそれぞれのメリットを生かしたとてもよい商品です。
ナチュラルハーブカラーは、「自然」「天然」「安全」を売りにしていますが、勘違いしてはいけないのは 僅かとはいえ化学染料(ジアミン2%)を含んでいますので全ての方に安全なわけではありません。 頭皮が弱い方、過去に1度でも化学染料で頭皮トラブルがあった方は使用しない方が良いです。

粉末状になっていて、ぬるま湯で溶いて使用します。(2剤を必要としません)
放置時間は約15~20分と短い。(放置時間を長くすると濃い色になります)
その他の詳細は 【正しい白髪染めの選び方】に特徴・メリット・デメリット・染め方など詳しく解説しています。
カラーは ブラウン系 ベージュ系のベースカラーに7色のコントロールカラーがあります。ブラウン系とベージュ系の違いはベージュ系の方が退色時に赤みが出にくいです。
注意:
ジアミンを2%含んでいます。
おしゃれ染めのように黒髪を明るいブラウンにすることはできません。(薄っすらは染まります)

ナチュラルハーブカラーは、サロン様へのみ販売しております。
取扱いご希望の方は、 お問い合わせよりご連絡ください。
一般の方は、ヘアーサロンスズキに来店頂き染めて頂くようお願いします。

ナチュラルハーブカラー・パッチテスト用 10g

ナチュラルハーブカラーに限らず、染毛剤は、使用前にパッチテストをするよう推奨されています。ただ、パッチテストには時間が掛かるため、サロンに訪れ、その日はパッチテストだけで帰り、改めて来店するのは現実的ではありません。 その為に当サロンに来店いただく前に、または当サロンへの来店が難しく他のサロンに行かざるおえない方に パッチテスト用として10gを用意しました。

パッチテストについての注意:
粉末を少量ぬるま湯で溶き、二の腕の内側に1円玉大くらい塗り24時間様子をみて赤み、痒みがなければ大丈夫と判断できますが、決して100%安全と確信できるわけではありません。
粉末は長期保存すると効果が薄れるので早めにテストをして下さい。
パッチテスト以外には使用しないで下さい。(色の指定はできません)
ナチュラルハーブカラー・パッチテスト用 10g
ナチュラルハーブカラーパッチテスト用 10g 700円(税込) 数量


ベースカラー
ブラウン系 明るさ(暗い)ダークブラウン < ブラウン < ライトブラウン(明るい)
ベージュ系 明るさ(暗い)ダークベージュ < ベージュ < ライトベージュ(明るい)
コントロールカラー
ナチュラルハーブカラーにはベースカラーのブラウン系ベージュ系以外にコントロールカラーが7色あります。ブラウン系ベージュ系と混ぜて微妙な色を表現します。(単独での使用も可能です)
但し、ハーブカラーにはおしゃれ染めのように脱色効果はないので黒髪は明るい原色にはならず薄っすら染まる程度です。
【参考カラーチャート】
ナチュラルハーブカラーカラーチャート
【コントロールカラー】
ナチュラルハーブカラーコントロールカラー
【トーンダウンの方法】(画像クリックで拡大)
ナチュラルハーブカラーカラートーンダウン

↑ PAGE TOP