初心者向けに、SIMフリーとG-Callでスマフォの料金を安くできる方法を解説します!

ヘアーサロンスズキ

SIMフリーとG-Callでスマフォ料金を安くしよう!

皆さんは、スマフォに月々幾ら払っていますか?いろいろなケースがあるので一概に言えませんがおそらく8000円前後かと思います。高いと思いませんか?そう思わなければSIMフリーにする必要はありません。しかし、現在のスマフォの料金に、釈然としない不満をお持ちの方はSIMフリーを検討する価値があると思います。私自身が、auを長年使用してきて料金に不満があったので今話題のSIMフリーについて調べ、実際にauを解約してSIMフリーデビューした体験をもとにSIMフリーについてお話しします。

ヘアーサロンスズキのサポートでSIMフリーデビューした方の声!

2015年8月追記
この記事は、最初2014年12月にアップしましたが、それから半年以上が過ぎ若干状況が変わりました。
2015年5月から3大キャリアに総務省の指導でSIMフリーが義務化されました。 普通に考えれば、これでわざわざSIMフリー機を買わなくても安いMVNO業者に乗り換えがし易くなったと思いますが実際はそうではありません。 いろいろ細かいことがありますが、要は、3大キャリアでSIMフリー機で契約しても半年は、SIMロック解除できません。 しかも、半年経ってSIMロック解除しようとしても結局2年縛りがありますから1万円くらいの解約手数料(+本体の残金)がかかるので結局2年は、使い続けるってことになります。総務省のつめの甘さというか私的には、「SIMフリー義務化+2年縛り禁止」にしてほしかったですね~。
なので、結局当初の記事通りSIMフリー機を購入してMVNO業者と契約するのが良いと思います。

qanda
そもそもSIMフリーてなに?

スマフォには、SIMカードってのが入っていてそのカードにはスマフォの電話番号などの情報が登録されています。 本来は、SIMカードを装着すればどのスマフォでも通話や通信ができるのですが、現在は、 3大キャリア(3大キャリアとは、au docomo softbankのこと)では、そのキャリアで契約したスマフォは、契約したキャリアのスマフォでしかそのSIMカードは、使えません。これをSIMロックと言います。 それに対し、どこのキャリアの端末でも関係なくSIMカードを挿入すれば使えるようすることをSIMフリーと言います。 どのSIMカードを挿入しても使えるスマフォをSIMフリー機と言います。

qanda
そもそも通信とSIMロックした端末をセットで売るのはおかしくない?

SIMフリー機(SIMフリーのスマフォ)は、わかりやすく言うとパソコン?スマフォはどれでもパソコンのような機能がありますが 機能ではなくて・・たとえば、パソコンでインターネットを利用する場合、どこのメーカーのどんなパソコンでもインターネット回線は自由に選べますよね?SIMフリー機は、そんなイメージだと思います。SIMフリー機であれば、どこの通信会社を選んでも良いということになります。(多少の制約はあります・・) そもそも、3大キャリアは通信会社ですから通信回線の契約だけでいいのに、契約したキャリアの通信しかできない端末をセットで販売するのはおかしくないですか?

qanda
そもそも2年縛りっておかしくない?

3大キャリアは、どこでも2年縛りてわけのわからない制度があります。簡単に言えば「2年以上使い続ける前提で毎月の料金を安くする」てことですが、その2年の途中で解約すると1万円くらい違約金を取られる。これは、使い始めて途中3ヶ月目でも1年11ヶ月目でも同じ・・2年以上使用を続ければ、違約金は発生しないと思うとそうではなく、2年過ぎると自動更新になりまた新たな2年縛りが始まります。違約金が発生せず解約できる期間は、2年経ったあたりの1ヶ月しかありません。これが私はどうにも気に入らないです。 そうやってお客さんを逃がさないようにするのはわかりますが、そうかと言って長く利用しててもなんのメリットもありませんよね。逆にMNP(ナンバーポータビリティー)で乗り換えで新しく契約する人にはサービスが多い・・私は、auを10年以上使用していましたが特に何のメリットもありませんでした。

qanda
そもそも毎月の料金高過ぎない?

日本は、他の国に比べ通信料金高いとは聞きますが高過ぎですよね?自分だけでも大変なのに、家族が多いお父さんは、かなりの負担になりますよね・・スマフォは、便利ですから目いっぱい有効利用してる方なら いくら払ってもそれなりの価値はあると思いますが・・・それほど使わない人でも使わないからってあまり料金安くならないですよね。

qanda
そもそもSIMフリーが向いてる人は?
そもそも、あまりスマフォ使わない人。スマフォをあまり使わないけど今時スマフォくらいは持ってないと・・って方、周りが皆LINEで連絡をとっているのでガラケーでは仲間外れになる・・って方いると思います。今のスマフォの料金は、パけ放題契約が必須ですからあまり使わないからと言って安くならないんですよ。
Wi-Fiに繋げる環境にいることが多い人。職場や自宅でWi-Fiに繋げる人は、通信会社の回線をあまり使わなくて済むのでデータ通信量が少ない契約ができます。
あまりスマフォから電話しない人。SIMフリーには、無料通話分はありません。 沢山電話する方は、SIMフリーでは唯一カケ放題プランのあるY!mobileがよいでしょう。

要は、あまりスマフォを使わないか、Wi-Fiに繋げることができる人ですね。私は、どちらも該当するのでSIMフリーにしました。

qanda
そもそもSIMフリーにするといくらにできるの?

だいたい今の相場(2014.12現在)では、通信量2Gと通話ができるオプションつけて1600円(税別)ですね。もちろんこれには「端末代金」と「通話料金」は含まれません。SIMフリー機を用意する必要がありますし通話料金は別にかかります。ただ、端末代金、通話料金を含めたとしてもトータルでみればかなり安くなると思います。

qanda
そもそも手続きの手順はどんな感じ?
まずは、SIMフリー機を購入しましょう。アップル派の方は、iPhoneのSIMフリーがおすすめです。iPhoneは、8万円以上でとても高いので、費用を抑えたい方は、Androidの端末がよいと思います。Androidの端末の方が選択枠が多くiPhoneに比べ安いです。購入は、amazonとか通販でいろいろ売られていますがおすすめは、ASUS Zenfone5 LTE SIMフリーです。32Gでも3万円くらいで購入できます。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 32GB / LTE / ブラック ) A500KL-BK32

新品価格 ¥31,989から (2015/3/4 13:10時点)

余談ですが、iPhoneは確かに購入時は高いのですが使わなくなった時、結構高値で引き取ってもらったり売ったりできます。しかし、Android端末は、古くなると再販は難しいのでトータルで見るとあまり差はないかもしれません。
次に契約するMVNO業者を決めましょう。MVNOとは仮想移動体通信事業者のことですが、名前からはよくわからないですね。MVNO業者は、独自に全国に通信網を持っているわけではなく、docomoやauの通信網を借りて運用しています。 今は、競争が激しく多くのMVNO業者がSIMカードの販売をしていますので選ぶのは大変です。現時点は、料金はそんなに大きな差はないので ここは、ひとつネットで調べ評判の良いところ、手続きがしやすいところを選べばよいと思います。何せSIMフリーには2年縛りはありませんから何時でも他のMVNO業者に乗り換えられますから。私は、BIC SIMにしました。(BIC SIMは、IIJと言うMVNO業者を利用していて回線はdocomoの回線になります) BIC SIMを選んだ理由は、ビックカメラの店舗でナンバーポータビリティーの手続きがその場でできその場で開通できるからです。おそらく他の業者は、身分証明書のコピーなどを郵送したり、メールに画像添付したりの手間と時間が掛かると思います。
BIC SIM(ビックシム)
SIMフリー機購入とMVNO業者との契約が別々だと面倒って方は・・。 安いスマフォ購入と格安SIM契約を一緒にしたい方は、 DMM mobileがよいと思います。 こちらには、先に紹介した安くて高性能の「ASUS Zenfone5 LTE SIMフリー」と格安SIMカードのセット契約があります。
端末を購入し、契約する業者を決め、キャリアを辞める決心ができたら今利用してるキャリアにMNP(ナンバーポータビリティー)する旨の連絡をしましょう。連絡をするとMNP予約番号が伝えられます。この番号は、だいたい2週間有効です。その間にMNPの手続きをすればよいです、2週間過ぎると自動で無効になり解約も無効になるようです。 今使ってる携帯の番号を引き継がないのあればこれは必要ありません。SIMフリー機が使えるようになってから解約してもよいかと思います。
SIMカードを購入し、MVNO契約の手続きをしましょう。 BIC SIMであれば、ビックカメラの店舗へ行きBIC SIMカウンターで手続きをします。(MNP予約番号、身分証明書をわすれないように・・)ここでアドバイスです、BIC SIMカウンターでは、手書きはわずかでほとんどがiPadへの入力になりますのでiPadの入力に慣れておいたほうがよいと思います。カウンターでの手続きが終わると30分ほどしたらまたカウンターに来るように言われ、その間にキャリアの回線が使えなくなります。30分後カウンターに行きSIMカードを受け取ります。
SIMフリー機の設定をしましょう。SIMカードを受け取ったら SIMカードをSIMフリー機に装着するのですが、ここらかは、キャリアのスマフォと少し違ってちょっと設定が必要です。(SIMカード装着しただけで電話は、使えると思いますがネットを利用するのに設定が必要です。)具体的には、iOS APN構成プロファイルをダウンロードしてインストールするって作業が必要です。詳しくは、iOS APN構成プロファイルのインストールの仕方をご覧ください。「iOS APN構成プロファイルをダウンロード」これは、iOSと付いていることからわかるようにiPhoneの場合でAndroidの端末では、ダウンロードは、必要ないですが設定は必要です。
私は、SIMフリーについて調べてる中で、この「iOS APN構成プロファイルをダウンロード」てところで「え、面倒くさい・・そもそもネットが使えないのにどうやってダウンロード?」とかやっぱりやめようかな~と挫折しそうになりました(-_-)しかし、ここで諦めてたまるか~との思いで調査を続行しました。実際やってみたら難しくはなかったです。まだネットが使えない状態でダウンロードするのですからWi-Fiに繋げられるところで行うってところに注意すれば大丈夫です。
キャリアのスマフォでしたらスマフォを受け取ったら当然メールもネットも電話もできる状態になっていますがSIMフリーは、ここが少し違いますね、でもキャリアへ高い料金払うくらいならこのくらいは、頑張ってやりましょう。
後は、必要なアプリのダウンロード、インストールをして下さい。キャリアのスマフォと違い、キャリア用の余計な?アプリが入ってないのが気持ちいいです(*^_^*)
通話料金の安いG-Callに登録しアプリをインストールしましょう。 SIMカードには、無料通話はありませんので電話は、掛けた分請求されます。通常30秒20円+(税)です。しかし、 G-Callを利用すれば30秒10円で消費税は掛かりませんので通常の半額以下になります。
G-Callのおすすめポイント。
消費税がかからない!同じ30秒10円のサービスで楽天でんわがありますがこちらは30秒10円に消費税が掛かります。消費税は、何れ10%になることが決まっていますがもちろんG-Callは、消費税10%になっても消費税は、かかりません。何故G-Callは、消費税がかからないかと言うと国際電話網を使用してるからだそうです。
通話品質が良い!安さだけならお金が掛からないLINE電話とかSkype、または格安の050plusとかありますがこれらはIP電話ですので音声品質が良いとは言えません。それに対し、G-Callは、電話回線を使用していますから音声品質がよくタイムラグが生じることはありません。
自分の番号090~・080~発信できる!IP電話の場合、050~発信になり、相手の着信も050~になりますが、G-Callの場合は、自分のスマフォの090もしくは080番号で発信でき、相手の着信も090もしくは080になります。
紹介で登録すると250円分の通話料金がサービスされる!登録の際に紹介で登録すると250円分サービスされます。250円分と言えば12分30秒分になります。これは、普通に登録した場合は、サービスされませんので是非利用して欲しいです。しかし、まわりに紹介してくれる人がいない場合ありますよね。その場合は、登録の際に私の顧客番号【1228702】を 紹介者制度の「G-Call顧客番号」の欄に入力すれば適応されます。「ご紹介者のお名前」「電話番号」は空欄のままで大丈夫です。
※私の顧客番号で登録頂いても私の方には、登録者の情報は一切伝わりません(誰が登録したかわかりません)のでご安心ください。
G-CallはSIMフリーじゃない方もお得!SIMフリーじゃなくキャリアを利用してる方も、今は無料通話分がないのが普通で、カケ放題でなければだいたい30秒20円+税ですからG-Callにした方がお得です。電話帳は、現在利用のものが利用できます。 お申し込みは下記からどうぞ。

あとがき

最後まで読んで頂きありがとうございます。なるべく簡単に説明したつもりですがそれでも結構長くなってしまいました(^_^.) 今の時代、少し調べたり勉強したりすればいろいろな費用を安くすることができると思います。しかし、その手間を惜しんだり面倒くさいと思い何もしなければ無駄に高いお金を払うことが多いと思います。このページが皆さんの節約に少しでも役立てば幸いです。
注意:私は、専門家ではないので専門的な詳しいことはわかりませんので、間違っていることがあるかもしれませんがあくまで 初心者向けの参考にってことでご了承ください。
ネットの世界は、移り変わりがとにかく早いのでここに書いてある情報も皆さんがご覧になった時、全て変更がないかどうかわからないので、実際に商品を購入したり、契約する前にご自身でも良く調べて下さい。私は、一切責任を負えないことをご了承ください。

↑ PAGE TOP

<< 前のページに戻る

← HOME